Hatena Blog Tags

ハボタン

(動植物)
はぼたん

葉牡丹
アブラナ科アブラナ属
結球しないキャベツの一種で、日本で観賞用に改良された
:植物
原産地:ヨーロッパ
英名:Decorative kale
和名:葉牡丹

冬の花壇の彩りが、切り花で出回っています。
ピンク、クリーム、緑の葉が、まるでバラのようなかわいらしさです。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

葉ぼたんは,冬の園芸植物の王者といった風格をもっています.現在は品種も多様で,品質も安定していて楽しめます.改良はほとんど日本でなされてきたとのこと.しかし,初めは,江戸時代「食用として」移入されました. 葉ぼたんはへだたりをりて見るゆゑか炎(も)えたつごときその牡丹色 吉野鉦二  冷えびえと霙(みぞれ)が洗ふ戸の外の明るさ占めて葉牡丹はあり 木俣修   葉牡丹を置き白き女の座りゐる窓ありにけり夜ごろは寒く 佐藤佐太郎 

銀行前の花壇にハボタンが植えられていました. ビオラ,マラコイデスと一緒に,寄せ植えのようになっていましたが,他の花たちを圧倒しているようにみえます.冬の園芸植物の王者といった風格ですね. お正月の植物として久しく愛されていたものの,現在のF1種は,改良がさらにワンランク進んだことを示しています. (品種改良は,ほとんど日本で行われきました. 日本の葉牡丹については最下欄にまとめてみましたので,ご参照下さい.) わが家の庭でも一番目立つているのはハボタンです. ハボタンは,短歌にも詠まれてきました. 以下に取り上げた過去の歌の多くは,二三十年前までは主流であつた丸葉ハボタンを詠んだものかもしれ…

シクラメンは,冬の花壇に欠かせない花となっていますが,これは園芸家の努力のたまものであって,園芸店で購入できるからこそ.家で夏越した鉢には,花どころか蕾もありません.シクラメンが広く普及するのは,世界的に見ても第二次世界大戦後で.日本では昭和40年以降.  一鉢に四百の蕾育つとふシクラメン冬の花として咲く 初井しづ枝  おくりくれる人のこころかシクラメンの赤く激しくもゆる花くび 浅田雅一  真剣に花を捧げて年を越すシクラメンを妻深くいたわる 佐佐木幸綱  付録:シクラメンの近縁植物

冬の庭の定番と言えば,一昔前は,スイセン,ハボタンだったようにに思いますが,現在では,忘れられないのがシクラメンですね. わが家でも,欠かせない冬の花となっています.ビオラを定番として育ててきましたが,ビオラには赤い花がありません.全体を締める色が欲しくなって毎年購入するようになりました. シクラメンは,現在の冬の鉢植え販売量トップという記事がありました. https://kotobank.jp/word/シクラメン-72874 冬に咲いているシクラメンは,園芸家の努力のたまものであって,園芸店で購入できるからこそ. わが家で夏越した鉢には,花どころか蕾もありません. ニッポニカによれば ht…

「さむい」を表す漢字「寒」は,会意文字=「宀と,人(ひと)と,茻ぼう(草のむしろ)と,冫ひよう(さむい))」. 「さむい」という意味以外に,「季節の名」=大寒+小寒=「冬,立春までの約30日間」の意味も表しています.寒の雨,寒の水,寒の夜もこの季節に関連した言葉になります.最近はあまり使われなくなつてきているように思いますが---. うつし身は現身ゆゑになげきつとおもふゆうべに降る寒の雨 斎藤茂吉  シリウスの志(し)にしたがひて大寒の風ちぎれとぶ八衢(やちまた)に立つ 雨宮雅子

今朝も鎌倉は氷点下. 植木鉢の土は,二日間凍ったままでした.寒さに弱い植物は屋内に避難させました.地植えのものはそのままですから,寒さに弱いものは,上部が枯れたようになってしまいます.例えばまだ花をつけていたパイナップルセージは,あっという間に葉は褐変してしまいました.春になって芽が出るのを待たねばなりません. 一方,ビオラやハボタンは,土が凍ったぐらいではびくともしません. この時期に育てたことがない,先日購入したアネモネ.これも寒さには強いようです.さすがに首を曲げたようになっていましたが,昼過ぎには元通りの姿に. 寒い日が続きます. 今日は,季節としての「寒」を詠んだ歌を集めてみます.大…