ハロペリドール

(サイエンス)
はろぺりどーる

ブチロフェノン系向精神剤(メジャートランキライザー)。
中枢神経系におけるドパミン作動系、ノルエピネフリン作動系に対する抑制作用が想定され、特に、抗アボモルヒネ作用、抗アンフェタミン作用はクロルプロマジンの30-40倍の効力といわれる。

一般には<セレネース>として販売されているが、<リントン>、<ブロトポン>、<ケセラン>、<ハロステン>、<ネオペリドール>、<ハロマンス>もハロペリドールである。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ