ハーツクライ

(スポーツ)
はーつくらい

ハーツクライ

生年月日 2001年4月15日生まれ、牡、鹿毛
生産者 社台ファーム(北海道千歳)生産
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
母の父 トニービン
馬主 (有)社台レースホース
管理調教師 橋口弘次郎(栗東)
競走成績 19戦5勝(うち海外2戦1勝)
主な勝ち鞍 若葉S 京都新聞杯 有馬記念 ドバイシーマクラシック
(2着・日本ダービー 宝塚記念 ジャパンC)
備考 2005年JRA賞最優秀4歳以上牡馬



ハーツクライは栗東トレーニングセンター橋口弘次郎厩舎に所属した引退競走馬。父はサンデーサイレンス、母は重賞2勝を含む9勝を挙げた名牝アイリッシュダンスで明け3歳のデビュー。きさらぎ賞を3着で折り返し、若葉Sに勝ち権利を獲得して皐月賞に出走したものの14着、ダービートライアル京都新聞杯を制し挑戦した日本ダービーはキングカメハメハの2着。以降古馬戦を含む第一線の道を歩んだものの、ダービー2着以上の成績を挙げることは出来なかった。

古馬となってからも常にGIを選んで使われ、宝塚記念でスイープトウショウのクビ差2着。レコードタイムでの決着となったジャパンカップもアルカセットのハナ差2着と勝ちきれないレースが続いた。しかしながら4番人気で挑戦した有馬記念でディープインパクトを封じ初のGI制覇を達成し、既に社会現象化していたディープインパクトを破った馬として一躍有名となった。また年明け緒戦のレースに海外首国GIドバイシーマクラシックに出走すると、これを4馬身1/4もの差をつけ優勝し充実ぶりを示した。このレースをもって陣営は2006年7月の英国・キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスに挑戦したものの、3着に敗れた。しかしながらこのレースの内容的評価は高かった。

2006年秋シーズンは休養を挟みぶっつけでジャパンカップに挑んだが、2番人気に支持されたものの見せ場無く10着に敗れた。レース前の段階で喘鳴症が判明しており、同年11月28日に橋口調教師と社台ファーム代表吉田照哉氏の協議で引退が決まった。2006年11月30日付で競走馬登録を抹消され、2007年から社台スタリオンステーションで種牡馬入りする。

ハーツクライの血統



サンデーサイレンス
*Sunday Silence
Halo Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
アイリッシュダンス トニービン
*Tony Bin
*Kampala Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
ビューパーダンス
*Buper Dance
Lyphard Northern Dancer
Goofed
My Bupers Bupers
Princess Revoked


リスト::競走馬

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ