ハートランドフェリー

ハートランドフェリー

(地理)
はーとらんどふぇりー

[英語表記] Heart Land Ferry
ハートランドフェリー株式会社は、北海道札幌市中央区に本社を置き、一般旅客定期航路事業貨物利用運送事業(内航海運)事業を主とする会社。
1934年7月1日設立。
北海道本土から離島(利尻島・礼文島・奥尻島)を結ぶフェリー航路。また、不定期ながら、稚内と樺太(サハリン)を結ぶ国際航路も運航していたが、2015年に撤退した。
樺太航路については当社の撤退後、稚内市や市民団体が新会社を立ち上げることで航路の存続が模索されたが、結局頓挫した。

主たる事業内容

  1. 海上運送事業
  2. 第一種貨物利用運送事業(内航海運)
  3. 損害保険代理業
  4. 酒類及び煙草並びに食糧品販売業
  5. 土産品及び雑貨販売業
  6. 医薬品及び医薬部外品の販売業
  7. 有料駐車場の維持管理業
  8. 前各号に附帯し、又は関連する業務

保有船舶

旅客船兼自動車渡船 4隻

主要航路

利尻島・礼文島方面

  • 稚内〜鴛泊(利尻島)
  • 稚内〜香深(礼文島)
  • (この他に利尻島〜礼文島相互間の航路もある)

奥尻島方面

  • 江差〜奥尻
  • 瀬棚(せたな)〜奥尻 ※夏季のみの季節運航

樺太方面

  • 稚内〜大泊(コルサコフ)

沿革

1934年(昭和9年)7月1日
設立
2007年(平成19年)3月31日
1946年以来続いていたJR北海道(旧国鉄)との連絡運輸廃止(JR北海道との連絡運輸を実施していた頃は、JR北海道内の各駅でJRと利尻島・礼文島・奥尻島方面へのフェリーを通したきっぷも発券できた)
2008年(平成20年)1月
東日本海フェリーからハートランドフェリーに社名変更
2015年(平成27年)9月
樺太航路から撤退。

新着ブログ: ハートランドフェリー