バイオディーゼル

(サイエンス)
ばいおでぃーぜる

バイオディーゼルとは

バイオマス由来のバイオ燃料の一種で、軽油の代替燃料として利用可能。硫黄の含有が軽油と比較して少なく、燃焼させた際に窒素酸化物(SOx)の生成される量が少ない。
BDF(Bio Diesel Fuel)とも呼ばれる。
最近は、廃食油エステル化燃料(Etherified Waste Food Oil Fuel)が注目されている。

バイオディーゼルの作り方

  • 植物油とメタノールに触媒(KOHやNaOH)を加えて反応させるとグリセリンとメチルエステル化合物が得られる。このメチルエステル化合物を分離してバイオディーゼルとして利用する。(アルカリ法)
  • 代替しようとする軽油よりも植物油の方が高価であるため、実用的には調理に利用した後の使用済み廃植物油を回収、再利用してつくられる。

バイオディーゼルのなりたち

そのほとんどがオレイン酸メチルエステル、リノール酸メチルエステルから成る。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ