バイカオウレン

(動植物)
ばいかおうれん

学名:Coptis quinquefolia
深山の渓谷沿いや針葉樹の下など比較的湿潤な場所に自生する、キンポウゲ科の多年草。

本州の福島より南、四国に分布し、ときには群落をつくるのが特徴。
糸状の地下茎が地中を這い四方に広がってそこから葉を出す。葉は一本の軸に5つの小さな葉が手を広げたように付く。


関連語 :植物

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ