バカと大バカのロケ珍道中

バカと大バカのロケ珍道中

(テレビ)
ばかとおおばかのろけちんどうちゅ

tvk「sakusaku(サクサク)」で起きた事件。
「相模湖のうた」のプロモーションビデオを撮りに相模湖町まで行った増田ジゴロウ(バカ)と米子・オブ・ジョイトイ(大バカ)が、その帰り道に座間市内で何時間も道に迷ったという話。
このことを番組内で話したあとで「座間のうた」を唄い、その時に流すプロモーションビデオを撮りにまた二人で座間市へ行き、そこでまた迷い「バカと大バカのロケ珍道中2」が生まれた。

新着ブログ: バカと大バカのロケ珍道中