バカマツタケ

バカマツタケ

()
ばかまつたけ

ハラタケ目キシメジ科のキノコ。
秋、ミズナラ、コナラなどの広葉樹林で発生する、マツタケに似たキノコ。
マツタケとの違いは、やや小さい、松林ではなく雑木林に発生し、ややその時期も早い、
全体的にやや赤みを帯びている、などの点で区別される。
優秀な食用キノコであり、香りはマツタケよりも強く「たいへん美味」と評価が高い。

ネットの話題: バカマツタケ

人気

新着

新着ブログ: バカマツタケ