バスティーユ牢獄

(地理)
ばすてぃーゆろうごく

Bastille Saint-Antoine
フランスにあった牢獄。別名「バスティーユ要塞(la forteresse de la Bastille)」。フランス革命以前に政治犯を収容していた施設と言われている。元々は1370年にパリの東側を守る要塞として建造された。現在はこのバスティーユ牢獄の壁の遺構の一部を見ることが出来る。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ