バックスクリーン3連発

(スポーツ)
ばっくすくりーんさんれんぱつ

1985年4月17日に阪神甲子園球場で行われた阪神タイガース対読売ジャイアンツ戦の7回裏に、ランディ・バース、掛布雅之、岡田彰布が巨人の槙原寛己投手から3者連続でバックスクリーンにホームランを放った出来事。

この1戦で阪神は大躍進し、リーグ優勝、初の日本一へと突き進んでゆく。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ