バッド・ルーテナント

(映画)
ばっどるーてなんと

The Bad Lieutenant: Port of Call - New Orleans

  • 2009年|アメリカ|カラー|122分|画面比:1.85:1|R15+*1|MPAA: R*2

概要

 アベル・フェラーラ監督、ハーヴェイ・カイテル主演で1992年に製作された問題作「バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト」を、鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督、ニコラス・ケイジ主演でリメイクした衝撃の犯罪ドラマ。ドラッグが手放せず、倫理のタガがはずれたかのように嬉々として悪行に手を染める狂気の悪徳警官の姿とその顛末を活写していく。
 ハリケーン・カトリーナの直撃で荒廃したニューオーリンズ。浸水した刑務所から逃げ遅れた囚人を助け出す英雄的行為で表彰され、“警部補(ルーテナント)”に昇格した刑事テレンス・マクドノー。しかし、救出の際に負傷した腰の痛みのためドラッグが手放せなくなってしまう。愛人の高級娼婦フランキーと2人でドラッグに興じ、元来の賭博癖にも歯止めが掛からなくなっていくテレンス。さらには町のゴロツキを銃で脅してドラッグをくすね、警察の押収品にまで手を出す始末。そんな中、セネガルからの不法移民家族5人が殺害される事件が発生、その捜査の陣頭指揮を任されるテレンスだったが…。
(allcinemaより)

予告編

関連作品

*1:刺激の強いドラッグ吸飲の多さとそれに伴う性愛描写がみられ、標記区分に指定します。(映倫データベースより)

*2:Rated R for drug use and language throughout, some violence and sexuality

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ