Hatena Blog Tags

バプテスト派

(読書)
ばぷてすとは

Baptist
キリスト教の新教の一派。浸礼派とも。バプテスマのことを「洗礼」でなく「浸礼」と呼び、全身を水に浸す形式で行うのでこの名がある。
英国起源だが、アメリカに勢力を張る。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

「霊的な親である牧師先生と子である信徒との間に対等な関係を回復させることをせつに求めうえ渇いている者にとっての落とし穴となることは、霊的な親である使徒、預言者、伝道者、牧師、教師、霊的リーダーたちを尊敬することをやめてしまうことだ。霊的な親である使徒、預言者、伝道者、牧師、教師、霊的リーダーたちを尊敬することをやめてはならない。霊的な親を子が尊敬することを継続しながら、霊的な親も子を尊敬するようになるという相互関係を築き上げることによって、神の御国のシャロームはキリストの体において回復し建て上げられる」

無知な幼子に自由を与えることは無知な幼子にとって非常に危険なことであるため、無知な幼子に自由を与えることは無知な幼子にとって益とはならない…………神の御国であるキリストの体においても、神の民である子たちがまだ無知な幼子である期間においては、霊的な親である使徒、預言者、伝道者、牧師、教師、霊的リーダーたちは子たちよりも高く上げられていなければならなかった。「子たちに分け与えさせるために神が霊的な親たちに預けておられる御言葉の教え」を、未成熟で放縦でわがままで身勝手で無知な幼い子たちに霊的な親たちからやや強制的にでも受け取らせるための環境として…………「霊的な親である使徒、預言者、伝道者、牧師、教…

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

「神が、まず最初にルーテル派を100年かけてしっかりと建て上げ、次にバプテスト派を100年かけてしっかりと建て上げ、次にホーリネス派を100年かけてしっかりと建て上げ、次に聖霊派を100年かけてしっかりと建て上げておられる理由。この順序でなければならなかった理由。この順番で1つ1つ順序正しく建て上げる必要があった理由。愛と知恵に満ちた全知全能の完全な主権者である神は常に最善をなされるので、無意味なこと、神を愛する神の民にとって無益なことなんて過去にも現在にも未来にも1つもない」

古い皮袋は新しいぶどう酒を受け入れることができないが、古い皮袋が新しい皮袋の土台であり、古い皮袋の中にこそ、深く熟成したぶどう酒があり、古い皮袋の中でぶどう酒は深く深く熟成し続けることについて前回のブログで書かせていただいた。新しい皮袋だけでなく、ぶどう酒を熟成させ続ける古い皮袋もなければ、新しいぶどう酒である新しい※レストレーション(※聖書に書いてあるが見失われていた真理を回復させ建て上げる働き) の時は来ない。ぶどう酒を深く深く熟成させ続けている父の伝統的教えのぶどう酒をあきるほど飲み続けた子が、新しいぶどう酒にうえ渇くことによって、次に来る新しいぶどう酒の器となる。ぶどう酒を深く深く熟成…

「古い皮袋がなければ、新しいぶどう酒である新しいレストレーションの時は来ない。新しい次のレストレーションを拒絶してしまうようになるほどに、前のレストレーションの良さに深く酔い、前のレストレーションに人生を捧げ没頭し続けた功労者たちにしか到達できない深さまで深く掘り下げられ続けたことによって堅固に築き上げられたレストレーションが次の新しいレストレーションが来るために必要不可欠な土台であるからだ」

初代教会に最初からあった「信仰義認」「水のバプテスマ」「聖い行い」「異言をはじめとする9つの御霊の賜物」は長い歴史の中でいつの間にか失われてしまっていたが、失われていた「信仰義認」、「水のバプテスマ」、「聖い行い」、「異言をはじめとする9つの御霊の賜物」……それら1つ1つは、現在においては回復しているだけでなく…………失われていた1つ1つが2度と倒れて失われることがないために、1つずつに100年以上の長い年月をかけて深く深く掘り下げられているので、その1つ1つは、もう2度と倒れることも失われることもない……ということについて前回のブログで書かせていただいた。初代教会に最初からあった「信仰義認」…

「何故、レストレーションを1つずつ…しかも1つ1つに100年もの時間をかけて回復させ、建て上げる必要があるのだろうか……初代教会に最初からあった1つ1つは長い歴史の中でいつの間にか失われてしまっていた。だから、再び回復されたレストレーションの1つ1つが、2度と失われることがないようにするためには、1つ1つのレストレーションを十分に行き渡らせ、染み込ませ深く掘り下げて、1つ1つのレストレーションをしっかりと建て上げるために……100年の熟成期間を必要としている」

賢い建築家よりもはるかに賢い全知全能の主権者である神は……新しくスタートさせた1つの ※レストレーション ( ※ 聖書に書かれているのにそれまで失われていた真理を再び回復させる働き ) が約100年かけて十分に行き渡り、深く染み込み、十分に建て上げられ、十分に熟成してからでないと…………その上に建て上げられるべき次の新しいレストレーションを建て上げることを開始することはないことについて前回のブログで書かせていただいた。神は「行いや努力によってではなくイエスキリストを信じる信仰によって救われる…と聖書に書いてある信仰義認」の回復をスタートさせた約100年後に、「聖書に書いてある水のバプテスマ」の…

「ルーテルは1500年代にスタートした。バプテストは1600年代に スタートした。メソジストは1700年代にスタートした。ホーリネスは1800年代にスタートした。聖霊派は1900年代にスタートした。賢い建築家よりもはるかに賢い全知全能の主権者であられる神は、1つの新しいレストレーションを新しいぶどう酒のように流れさせて、その新しい1つのレストレーションが約100年の期間で十分に建て上げられて十分に熟成した古いぶどう酒になった頃に、次の新しいレストレーションを新しいぶどう酒のように流れさせておられる」

キリスト教の教団教派グループの歴史は、「前の教団教派グループがタブーとしていたことを、次の教団教派グループが破ること」がくりかえされている歴史であったことについて前回のブログで書かせていただいた。バプテスト派が回復した「水のバプテスマ」もホーリネス派が回復した「良い行い」も聖霊派が回復した「異言」も……聖書は現代においてもどれ1つとして廃止してはいない。……しかし……もしも、「行いや努力ではなくて、ただイエスキリストを信じる信仰によって救われる」…と聖書が語っている「信仰義認」を回復させ建て上げようとしている時代に「水のバプテスマも必要だ」という真理が同時に語られていたとしたらどうなっていただ…

「キリスト教の教団教派グループは……カトリック→ルーテル派→バプテスト派→ホーリネス派→聖霊派…といった順序で、それぞれの教団教派グループに枝分かれしていった歴史を持っている。それは前の教団教派グループのタブーを次の新しい教団教派グループが破るということがくりかえされる歴史であったと言えるだろう。聖書がタブーとしていないもの、神がタブーとしていないものを人間が『人間の教え』によってタブーとして封じ続けることはできない」

キリスト教の教団教派グループは……カトリック→ルーテル(福音派)→バプテスト(福音派)→ホーリネス(福音派)→ペンテコステ(聖霊派)…といった順序で、それぞれの教団教派グループに枝分かれしていった。キリスト教がローマの国教となっていたカトリックの時代に、「イエスを信じる信仰によってのみ救われる」という聖書の真理が神から啓示されてルーテル派はスタートした。しかし、プロテスタントのグループにルーテル派しかまだ存在していなかった時代に、「イエスを信じる信仰によってのみ救われる」ことは確かにアーメンだが、「水のバプテスマも必要だ」という聖書の真理が神から啓示されてバプテスト派がスタートした。私は大学の…