バレリン

(サイエンス)
ばれりん

バルプロ酸ナトリウム 抗てんかん剤・躁状態治療剤

−効能−
脳に作用して、神経の過剰な興奮を鎮め、けいれん発作を抑えるお薬です。
バルプロ酸は、感情を調整する効果があり、てんかん以外にも躁うつ病や
パニック発作に対しても効果があります。
この薬の効果を出すためには有効血中濃度をコントロールする必要がありますので
医師の指示に従って規則正しく服用するよう注意してください。

−副作用−
眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることが
ありますので、自動車の運転等危険をともなう機械の操作には注意してください。
重篤な副作用として急性膵炎が現れることがあるので、
激しい腹痛、発熱、吐き気,嘔吐等の症状があった時は医師の診察を受けてください。

→デパケン

関連語

医薬品

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ