バーブ教

バーブ教

(一般)
ばーぶきょう

イスラム教の流れを組む一神教の宗教。主にイランなどに分布した。1840年代にバーブ(ミールザー・アリー・モハンマド)によりイランで十二イマーム派シーア派の一派のシャイヒー派から起こったが、のちにシャリーア(イスラム法)の廃止を宣言するなどしたため、一般にはイスラムの枠外の宗教だと見られている。

新着ブログ: バーブ教