Hatena Blog Tags

パイナップルセージ

(動植物)
ぱいなっぷるせーじ

シソ科 サルビア属
メキシコ原産
葉はパイナップルの香りがする
:植物

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

「さむい」を表す漢字「寒」は,会意文字=「宀と,人(ひと)と,茻ぼう(草のむしろ)と,冫ひよう(さむい))」. 「さむい」という意味以外に,「季節の名」=大寒+小寒=「冬,立春までの約30日間」の意味も表しています.寒の雨,寒の水,寒の夜もこの季節に関連した言葉になります.最近はあまり使われなくなつてきているように思いますが---. うつし身は現身ゆゑになげきつとおもふゆうべに降る寒の雨 斎藤茂吉  シリウスの志(し)にしたがひて大寒の風ちぎれとぶ八衢(やちまた)に立つ 雨宮雅子

今朝も鎌倉は氷点下. 植木鉢の土は,二日間凍ったままでした.寒さに弱い植物は屋内に避難させました.地植えのものはそのままですから,寒さに弱いものは,上部が枯れたようになってしまいます.例えばまだ花をつけていたパイナップルセージは,あっという間に葉は褐変してしまいました.春になって芽が出るのを待たねばなりません. 一方,ビオラやハボタンは,土が凍ったぐらいではびくともしません. この時期に育てたことがない,先日購入したアネモネ.これも寒さには強いようです.さすがに首を曲げたようになっていましたが,昼過ぎには元通りの姿に. 寒い日が続きます. 今日は,季節としての「寒」を詠んだ歌を集めてみます.大…