Hatena Blog Tags

パラフレーズ

(一般)
ぱらふれいず

言葉そのものを分解していく記号学の作業。経典類にはストレートな意味以外に“隠された意味”が必ず込められており、『伊勢物語』の在原業平の杜若のような例にもその伝統は見て取れる。ユダヤのカバラのように数字と置換できる「数秘術」やグノーシス、フリーメーソンも近代の軍・諜報機関なみかそれ以上の「暗号」を得意とするが、意図せずとも表出してしまう平行意識もあるわけで、ここまで分析できて初めて、点移動の線(:リーニー)なリアリティ意識が解明できるとするもの。元々は言語学世界の“神様”フェルディナン・ド・ソシュールのやりかけた研究。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

柳生の境地は敗北に見つけたり 一切皆楽、不動自我、永遠不滅、一才騒音、乞食を超えて労働。頭を下げること、ありがとうございます。これなり柳生ごっこは内密、奥義名は唱えず。ただ切って切られた。これなり。制限することの喜びなり。 柳生存在社会システム理論 全てという全体概念は、ヤハウェによる啓示によりその質を正しく人類に啓示され聖書にあることは全て一字一句じつつである。もっともこの世は一元発生、多元から一元発生による。一元多元システムであって、全体の質は情報であって、存在そ数学情報であって型式論理、矛盾論理、非論理からなる。マルクス型上部構造下部構造、下部構造決定論、史的唯物論、資本進化発展論剰余価…