パリエット

パリエット

(サイエンス)
ぱりえっと

医薬品
胃酸の分泌をおさえるお薬です。胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に用いる。

  • 成分(一般名) : ラベプラゾールナトリウム
  • 製品例 : パリエット錠10mg~20mg
  • 区分 : 消化性潰瘍用剤/プロトンポンプ阻害剤

作用

【働き】

胃酸は、本来、胃腸に侵入してくる“ばい菌”を殺菌する大切な役目をしています。けれど、胃壁が弱っていると、胃粘膜を傷つけ胃潰瘍の原因にもなりかねません。また、胃酸が逆流すると、食道を荒らし、ひどい胸焼けを起こしたりします。
このお薬は、胃酸の分泌を強力におさえます。そうして、胃酸の悪い影響をなくします。結果的に、胃潰瘍の治りがよくなり、痛みや胸焼けもやわらぎます。鎮痛薬が原因の潰瘍にも有効です。

【薬理】

胃酸を分泌する「プロトンポンプ」という機能をじゃまして、その分泌をおさえます。胃酸による胃粘膜への刺激が弱くなるので、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治癒につながります。

特徴

  • この系統「プロトンポンプ阻害薬(PPI)」は、他のどの薬よりも、強力に胃酸の分泌をおさえます。難治性の潰瘍にも優れた効果を発揮します。
  • 重い潰瘍には、この系統が第一選択されるようになりました。
  • 同類薬としては、中止後のリバウンド症状が少ないとされます。

効能

  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger‐Ellison症候群
  • 逆流性食道炎

新着ブログ: パリエット