パンジャンドラム

(一般)
ぱんじゃんどらむ

Panjandrum[名詞]Pan-Jan-Drum
ギリシャ語の接頭語"pan"とラテン語の接尾語"rum"を組み合わせた造語。

お偉がた/大将/御大[戯言]

高官や偉ぶっている役人などをからかっていう。
 ex. The Grand (Great) Panjandrum

お祭り騒ぎ/莫迦騒ぎ/乱痴気騒ぎ

珍兵器、お笑い兵器、迷兵器[RoyalNAVY]*1

"the Great(Grand) Panjandrum"


A giant, rocket-propelled Catherine Wheel intended to smash Hitler's Atlantic Wall - went haywire on a Devon beach and was never used.
陣地破砕用ロケット推進式回転爆雷。大英帝国がそのジョークの粋を集めて作った兵器。
『爆雷に車輪つけてロケットでふっとばしゃ敵陣地に当たってぶっこわせんじゃね?』という理論を元に作ったはいいが。
まっすぐ進まない、すぐコケるといったピン芸人も真っ青のコケっぷりに計画も女王陛下もコケた。
ドイツにゴリアテあらば、イギリスにパンジャンドラムあり。そしてアメリカにはフライングパンケーキあり

*1:this part is Stub

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ