パンスペルミア

(一般)
ぱんすぺるみあ

地球の生命は宇宙に由来するとする説。
スウェーデンの科学者アレニウスが唱えた、宇宙には多くの生命体が存在し、その一つが偶然的に地球に到着して地球生命の起源になったという考え方。
星間物質のスペクトルがバクテリアに酷似していること。一部の病原体(インフルエンザ等)と、その流行周期が周期彗星と似通っていることなどが根拠として挙げられている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ