パンデモニウム

パンデモニウム

(ゲーム)
ぱんでもにうむ

Pandemonium
ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズに登場する名称。シリーズによって位置づけは異なる。
名称の由来は、「デーモンの全て」を表すギリシア語。ミルトンの「失楽園」に登場する。

FFII

ラストダンジョンとして登場。
幻の城と言われており、通常では入ることが出来ずジェイドから行くことになる。
最深部では、最終ボスであるパラメキア皇帝との対決が控えている。

FFVIII

ガーディアンフォース(召喚獣)として登場。風の属性を持つ。
技は「暴風圏突入」。右肩にある3つの穴から、いったん敵を袋に吸い込んだ後、勢いよく吹き出すことでダメージを与える。
風神(1回目)との対戦でドローすることで入手できる。

FFIX

別世界テラのダンジョンとして、終盤の大きな山場で登場。
「時を刻む城」と呼ばれ、この城の中ではガーランド,クジャの2大ボス戦が控えている。

FFXII

リドルアナ大灯台でボスとして登場。
巨大な亀の姿をしている。

パンデモニウム

(読書)
ぱんでもにうむ

ギリシア語で「デーモンの全て」という意味を表す言葉に由来するラテン語。
おそらくパンテオン(万神殿)の悪魔バージョン(万魔殿)というニュアンスの命名。
ミルトンの「失楽園」に登場する。

ネットの話題: パンデモニウム

人気

新着

新着ブログ: パンデモニウム