ヒカルド・アローナ

(スポーツ)
ひかるどあろーな

ブラジルの柔術家。180cm,93kg
00年のアブダビコンバット98キロ以下級、01年の同大会98キロ以下級と無差別級で優勝。
世界屈指の寝技テクニックの持ち主。
日本での初戦は、なんとあのエメリヤーエンコ・ヒョードル。試合内容で圧倒するも、なぜか不可解な判定負けを喫している。
その後、PRIDEに参戦し、メッツァー、ダンヘン、ニンジャなどの強豪を順当に撃破。打倒シウバの最右翼と目されていたが、怪我で2003年のミドル級PRIDE-GPを欠場。
そして2005年、ついにPRIDE-GPに参戦が決定。初戦のディーン・リスターに勝利し、2回戦では桜庭和志を撃破。
準決勝で遂に打倒シウバを達成したが、決勝ではシウバの後輩マウリシオ・ショーグンに敗れ王座ならず。
男祭りではベルトを懸けたリターンマッチに挑んだが、シウバにリベンジを許した。


リスト::格闘家

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ