ヒヤリ・ハット

ヒヤリ・ハット

(サイエンス)
ひやりはっと

ヒヤリ、としたり、ハッとするなど、「あわや事故になりかねない」事故寸前の危険な事例のこと。労働災害事故を未然に防止するための概念。
JR福知山線脱線事故など、普段からヒヤリ・ハット事例を集積また原因を分析し、安全対策に活用するシステムができていれば、未然に防ぐことができたであろう事故は多い。
労働時のみならず、日常生活で分かりやすい例としては、赤信号でも道路を渡ろうとして目の前を車が横切った、など。この場合は左右の安全を確かめてから渡る、信号を守る、などが教訓といえる。

関連
ハインリッヒの法則

関連リンク

  • 人力検索はてな関連質問
    • [search:question:事故]
    • [search:question:ヒヤリ・ハット]
    • [search:question:ヒヤリハット]
  • 「事故」を含むキーワード
    • [search:keyword:事故]
日常のヒヤリハットを集積するはてなダイアリークラブ
はてなヒヤリハット

ネットの話題: ヒヤリ・ハット

人気

新着

新着ブログ: ヒヤリ・ハット