ヒュンメル

ヒュンメル

(スポーツ)
ひゅんめる

hummel
デンマークのスポーツ用品メーカー。本社はコペンハーゲンから160km西のオーフスにある。スタッドのついたスパイクを生み出したことで有名。「hummel*1」はマルハナバチのこと。シェブロンラインと呼ばれる「<<<」形のラインが特徴的。

略歴

  • 1923年: ドイツ・ハンブルクでメスマー兄弟がメスマー社(Messmer)創業。雨の中のサッカーの試合からヒントを得て、泥の中でも滑らないスタッドのついた靴を発案。
  • 1927年: 初のシューズカタログを作成。
  • 1930年代 - 1940年代: 大不況下の破産や、ハンブルク空襲による被災をこうむる。
  • 1956年: 企業買収によりノルトライン=ヴェストファーレン州のケーヴェラー(Kevelaer)へ移転。
  • 1974年: デンマーク人のハンドボール選手ヨルゲン・フォッズガルドがヒュンメル社を買収。本拠地をデンマークに移す。
  • 1979年: サッカーデンマーク代表スポンサー契約を締結。
  • 1970年代後半〜1980年代: レアル・マドリー、ベンフィカ、ウディネーゼ、トッテナムなどの強豪チームへ積極的にウェア供給。
  • 1998年: ロンドン、パリのクラブシーンを中心に起こったポストモダンスタイルをきっかけにクリスチャン・スタディールバンブル・ビー(後のヒュンメルファッション)を設立。代表に就任。

日本でのヒュンメル

日本でのヒュンメルブランドは1991年年よりエスエスケイSSK)が販売代理店としてライセンス製造を行ってきたが、2013年に日本における商標権を取得し、日本独自の商品の製造・販売も可能になった。

*1:ドイツ語の発音は「フンメル」に近い