ヒートウェイヴ

ヒートウェイヴ

(音楽)
ひーとうぇいぶ

ソウル・ファンクのバンド。70〜80年代にかけて活躍した。

ヒートウェイヴ

(音楽)
ひーとうぇいぶ

1979年、山口洋を中心に福岡で結成されたロックンロール・バンド。
1990年、アルバム『柱』(ASIN:B000064PZF)でデビュー。以降1999年のアルバム『日々なる直感』(ASIN:B00005FJXA)まで8枚のアルバムをリリースする。
2001年3月、新宿リキッドルームでのライヴを最後にヒートウェイヴとしての活動を停止したが、2003年秋に山口洋(ヴォーカル、ギター)、渡辺圭一(ベース)、池畑潤二(ドラム)、細海魚(キーボード)という編成で再び活動を開始する。最新作は2004年2月にリリースされたアルバム『LONG WAY FOR NOTHING』(ASIN:B0001924S6)。

新着ブログ: ヒートウェイヴ