ビザンティン建築

ビザンティン建築

(アート)
びざんてぃんけんちく

(英語: Byzantine Architecture)
東ローマ帝国(ビザンツ帝国、ビザンティン帝国)の勢力下で興った建築様式である。4世紀頃には帝国の特恵宗教であるキリスト教の儀礼空間を形成し、そのいくつかは大幅な補修を受けているものの今日においても正教会の聖堂、あるいはイスラム教のモスクとして利用されている。日本では、「ビザンツ建築」と呼ばれる場合もある。

新着ブログ: ビザンティン建築