ビタミンQ

ビタミンQ

(サイエンス)
びたみんきゅー

ユビキノン。CoQ10(コエンザイムQ10)とも。人の細胞中のミトコンドリアに存在する補酵素で、細胞を活性化させ人体のエネルギー生産に不可欠な成分。

若返りのサプリなどで一躍有名に。
食事では摂りにくく、加齢とともに減少するCoQ10を摂取する事によって、老化を遅らせ、エネルギーを効率よく燃焼させる。
美容、健康、活性酸素除去、ダイエットに良いとされているが、動脈硬化患者の血中CoQ10濃度は健康人より高いなど、過剰摂取は有害という報告もある。

  • 1957年:米国ウィスコンシン大学のフレデリック・クレイン教授のグループが牛の心筋のミトコンドリアから橙黄色の結晶を単離し「CoQ10」と命名しました。
  • 1950年代:英国リバプール大のR・A・モートン氏らがビタミンA欠乏ラットの肝臓から新規のキノン化合物を見出して「ユビキノン」と命名。その後、CoQ10とユビキノンが同一のものと分かりました。
  • 1974年:日本でコエンザイムQ10が心筋代謝改善薬として発売
  • 2001年 厚生労働省医薬局が食薬区分リストを改正し、コエンザイムQ10は食品区分へ

新着ブログ: ビタミンQ