ビックリハウス

ビックリハウス

(読書)
びっくりはうす

パルコ出版が1975年から1985年まで発行していた月刊誌。
1975年に、劇団天井桟敷(寺山修司主宰)出身の萩原朔美榎本了壱を中心に創刊。創刊当初は渋谷の一介のタウン誌にすぎなかったが、読者からの投稿を中心にした誌面づくりが当時の若者たちに受け、やがてパロディ雑誌として一時代を築くことになる(発行部数は最高時の1983年頃には18万部にまで達した)。誌面からは、糸井重里が主宰した「ヘンタイよいこ新聞」や、同誌休刊後も毎年発行されている「御教訓カレンダー」など、数々の名企画が生まれた。常連投稿者には、鮫肌文殊、大槻ケンヂ、ナンシー関などその後各界で活躍することになった人々も数多い。
編集長は萩原朔美が務めたのち、1977年からは、創刊当初より同誌編集部でスタッフとして働いていた高橋章子が1985年の休刊まで務めることになる。
『ビックリハウス』が発行されていた時期は、ちょうどパルコが札幌パルコ(1975年開店)を皮切りに全国展開を始めた時期と重なり、同誌は石岡瑛子デザインのポスターや西武劇場(1973年オープン。現・パルコ劇場)などとともに、パルコのイメージ戦略の一翼を担った。
休刊後、後継誌として『BH』が創刊されたが、それも間もなくして休刊。以後、『ビックリハウス』的な文化は失速していく。

ビックリハウス 驚愕(びっくり)大全

ビックリハウス 驚愕(びっくり)大全

新着ブログ: ビックリハウス