ビッグレッドファーム

(スポーツ)
びっぐれっどふぁーむ

ビッグレッドファームとは、有限会社ラフィアンターフマンクラブ提供用サラブレッドの繁殖、育成、及び調教をする総合施設群。ビッグレッドとはアメリカの歴史的名馬マンノウォー(Man o’War)の愛称。


ビッグレッドファーム明和、真歌トレーニングファーム、コスモヴューファーム、ビッグレッドファーム浦和の四場で構成され、現在はビッグレッドファーム茨城を建築中。全ての代表権を岡田繁幸氏が持つ。早期から充実した施設での調教、昼夜放牧を行うなど、ビッグレッドファームにおける当歳及び1歳馬の育成は評判が高い。

ビッグレッドファーム明和

北海道新冠郡新冠町明和に230ヘクタールの規模で所在。通常のトラックコースの他、珍しい屋根付きのトラックコースも有している。また1100mの屋根付き坂路調教コースは日本最長の施設。厩舎は250頭を収容可能。またサラブレッド生産機能も保持し複数の種牡馬(下記する)の他、マジックナイト、マイネレーベン、サクセスストレインなど多数の種牝馬を保有し繁殖を行っている。これらの馬はラフィアンターフマンクラブの募集馬として提供される。

真歌トレーニングファーム

北海道静内郡静内町真歌に40ヘクタールの規模で所在。ホッカイドウ競馬の外厩として登録されており、コスモバルクをはじめコスモ冠の2,3歳馬が入厩している。トラックコースの他に1500mの坂路コースを有している。厩舎は120頭を収容可能。

コスモヴューファーム

北海道新冠郡新冠町西泊津に80ヘクタールの規模で所在。600mの坂路コースの他90頭収容の厩舎、繁殖牝馬専用厩舎を持つ。

ビックレッドファーム浦和

北海道静内郡静内町浦和に30ヘクタールの規模で所在。トラックコースの他に共同屋内育成場、70頭収容の厩舎を持つ。

ビッグレッドファーム明和繋養種牡馬(2008年)

馬名 Fee
ロージズインメイ 400万円(受胎条件)
アグネスデジタル 300万円(受胎条件)・350万円(出産条件)
ステイゴールド 250万円(受胎条件)・350万円(出産条件)
ゼンノエルシド 50万円(受胎条件)
マイネルラヴ 50万円(受胎条件)・70万円(出産条件)
イーグルカフェ 30万円(受胎条件)・50万円(出産条件)
タイムパラドックス 30万円(受胎条件)・50万円(出産条件)
マイネルセレクト 20万円(受胎条件)・30万円(出産条件)
スパイキュール 20万円(受胎条件)・30万円(出産条件)
ロサード 20万円(産駒条件)
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ