ビワハヤヒデ

ビワハヤヒデ

(スポーツ)
びわはやひで

ビワハヤヒデ

生年月日 1990年3月10日生まれ・牡・芦毛
生産者 早田牧場新冠支場(北海道新冠)
シャルード
パシフィカス
母の父 ノーザンダンサー
馬主 (有)ビワ
管理調教師 浜田光正(栗東)
競走成績 16戦10勝
主な勝ち鞍 デイリー杯3歳S 神戸新聞杯 菊花賞 京都記念
天皇賞(春) 宝塚記念 オールカマー
備考 1993年JRA賞年度代表馬、最優秀4歳牡馬
1994年JRA賞最優秀5歳以上牡馬



ビワハヤヒデは栗東トレーニングセンター浜田光正厩舎に所属していた競走馬。父シャルードの持込馬にあたる。通算四度のレコード勝ちなど弟ナリタブライアンに劣らぬ能力を示し、この両馬は日本競馬史上最強の兄弟といって差し支え無い。


1992年にデビューするといち早く頭角をあらわし2つのレコードタイムを含む3連勝で朝日杯3歳Sを迎えたが、伏兵エルウェーウィンにハナ差及ばず2着に終わる。翌年のクラシック戦線でも中心馬と目されたが、緒戦の共同通信杯も僅差の不覚をとるとデビュー以来コンビを組んで来た岸滋彦騎手から岡部幸雄騎手に乗り替わり、以後引退まで岡部騎手が全ての手綱を取った。しかしながら皐月賞はナリタタイシンの強襲、ダービーはウイニングチケットの劇走にあい春二冠とも取り逃がす形となった。秋シーズンは成長を見せ神戸新聞杯を完勝後、クラシック最終となる菊花賞をレコードタイムで圧勝した。続く有馬記念は3歳ながら一番人気に推されたが、一年全休明けのトウカイテイオーの復活劇に及ばず2着となった。


古馬となってからは天皇賞(春)、宝塚記念をほぼ完璧な内容で優勝しその能力を誇示すると同時に、一歳下の半弟でこの年の三冠馬となったナリタブライアンとの兄弟対決がが期待されたものの、ビワハヤヒデが天皇賞(秋)で生涯唯一の着外に終わると屈腱炎を発症、同年の有馬記念を制したナリタブライアンも翌年の阪神大賞典後に故障し、結局両馬の対決は叶うことはなかった。引退後は種牡馬入りしたものの、同馬のステイヤー気質から配合数と産駒の実績に恵まれず、2006年1月種牡馬を引退した。現在は門別町の日西牧場で余生を過ごしている。

全競走成績

年月日 競馬場 レース名 距離 着順 騎手
1992年9月13日 阪神競馬場 3歳新馬 新馬 芝1600 1 岸滋彦
1992年10月10日 京都競馬場 もみじS OP 芝1600 1 岸滋彦
1992年11月7日 京都競馬場 デイリー杯3歳S GII 芝1400 1 岸滋彦
1992年12月13日 中山競馬場 朝日杯3歳S GI 芝1600 2 岸滋彦
1993年2月14日 東京競馬場 共同通信杯4歳S GIII 芝1800 2 岸滋彦
1993年3月20日 中山競馬場 若葉S OP 芝2000 1 岡部幸雄
1993年4月18日 中山競馬場 皐月賞 GI 芝2000 2 岡部幸雄
1993年5月30日 東京競馬場 東京優駿 GI 芝2400 2 岡部幸雄
4ヶ月間休養       調整    
1993年9月26日 阪神競馬場 神戸新聞杯 GII 芝2000 1 岡部幸雄
1993年11月7日 京都競馬場 菊花賞 GI 芝3000 1 岡部幸雄
1993年12月26日 中山競馬場 有馬記念 GI 芝2500 2 岡部幸雄
1994年2月13日 阪神競馬場 京都記念 GII 芝2200 1 岡部幸雄
1994年4月24日 阪神競馬場 天皇賞(春) GI 芝3200 1 岡部幸雄
1994年6月12日 阪神競馬場 宝塚記念 GI 芝2200 1 岡部幸雄
1994年9月18日 中山競馬場 オールカマー GIII 芝2200 1 岡部幸雄
1994年10月30日 東京競馬場 天皇賞(秋) GI 芝2000 5 岡部幸雄


ビワハヤヒデの血統



シャルード
*Sharrood
Caro *Fortino Grey Sovereign
Ranavelo
Chambord Chamossaire
Life Hill
Angel Island Cougar Tale of Two Cities
Cindy Lou
Who's to Know Fleet Nasrullah
Masked Lady
パシフィカス
*Pacificus
Northern Dancer Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Pacific Princess Damascus Sword Dancer
Kerala
Fiji Acropolis
Riffi


リスト::競走馬

新着ブログ: ビワハヤヒデ