ピグマリオン

ピグマリオン

(一般)
ぴぐまりおん

BANDAI・神羅万象チョコ第4弾に登場するネコミミツインのお姉さん
鎧羅族の精鋭集団「北斗七星」の巨重星ピグマリオン。
かなりのないちち。
パートナーは妹の月照星ディアナ。

サイボーグであるため、長寿。
三章で新北斗七星として再登場した。
その際、相棒の乗り物であるガラティアが形を変え、パワードスーツのように全身に纏われていた。

ピグマリオン

(一般)
ぴぐまりおん

Pygmalion.
ギリシャ神話に登場する、若きキプロスの王にして早熟の彫刻家。
自作の乙女像ガラテアに恋をして、そのモデルである女神アフロディテに祈り、生命を授けられて結婚する。
後世、芸術家たちの共感を呼び、多くの作品の題材となった。

ピグマリオン

(読書)
ぴぐまりおん

Pygmalion.
ジョージ・バーナード・ショー著の戯曲。五幕。
1893年10月16日、ウィーンのホフブルグ劇場で初演。主演パトリック・キャンベル夫人。
1916年、単行本出版。「序文」、イライザがフレディと結ばれる「続編(Sequel)」を収録。
1938年、ショー自身のシナリオにより映画化。この演出により、イライザはヒギンズと結ばれる説が再燃。以降このシナリオが定本となる。
1956年、彼の死後にミュージカル「マイ・フェア・レディ」が上演される。この題名は、舞台となる高級街「メイフェア」を下町(コックニー)訛りで発音した「マイフェア」と、貴婦人「フェアレディ」をかけたものである。オードリー・ヘップバーン主演で映画化される。

ネットの話題: ピグマリオン

人気

新着

新着ブログ: ピグマリオン