ピントリング

ピントリング

(アート)
ぴんとりんぐ

写真・カメラ用語の一つ。
マニュアルでピントを合わせる時に、回すレンズまわりにあるリング部分。
前玉のみや レンズ構成全体を フィルム面に対して前後させる機構で、基本的にはネジに距離の目盛をメートルやフィートで彫り込んだものが多い。

 参考 : ズームレンズでは、ネジ山の動きでは足りないので、らせん状の溝に沿って、レンズ構成の内部の一部のレンズが前後する。

ピントリング

(アート)
ぴんとりんぐ

写真・カメラ用語の一つ。
マニュアルでピントを合わせる時に、回すレンズまわりにあるリング部分。
前玉のみや レンズ構成全体を フィルム面に対して前後させる機構で、基本的にはネジに距離の目盛をメートルやフィートで彫り込んだものが多い。

 参考 : ズームレンズでは、ネジ山の動きでは足りないので、らせん状の溝に沿って、レンズ構成の内部の一部のレンズが前後する。

新着ブログ: ピントリング