ファーレ立川

(アート)
ふぁーれたちかわ

JR立川駅の北口方面にある、パブリックアートを109作品点在させたエリア。
1994年10月13日、住宅・都市整備公団(現在では「都市再生機構」)の事業として完成された。プランニングのアートディレクターは北川フラム氏。
この事業は1994年に日本都市計画学会計画設計賞、日本建築美術工芸協会特別賞を受賞した。
36カ国、92人の作家による意欲的な作品が並び、まさに「街を歩けばアートに当たる」といった独特の風情を持っている。夜間にライトアップされる作品もあるため、一日の間でも表情を変える楽しみもある。


地図や全作品ガイドはこちら。
http://www.gws.ne.jp/tama-city/faret/

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ