フィールズ賞

フィールズ賞

(サイエンス)
ふぃーるずしょう

フィールズ賞:
数学者に与えられる賞.4年ごとに開催される国際数学者会議の席で受賞者が発表される.

歴史

カナダのJ・C・フィールズが提案,
1932年:チューリヒ開催の国際数学者会議で制定.
1936年:第1回はオスロにおける会議でアールフォルスダグラスが受賞.
その後,第2次世界大戦によってフィールズ賞の授与は1950年まで行われなかった.

慣例で受賞は40歳未満の数学者4人までに限られている.
受賞者はフランス,アメリカが多い.

日本では3人
小平邦彦(調和積分論の研究, 1954年)
広中平祐(代数多様体における特異点の解消, 1970年),
森重文(3次元代数多様体の極小モデルの存在証明, 1990年)


リスト::数学関連

ネットの話題: フィールズ賞

人気

新着

新着ブログ: フィールズ賞