フェルナンド・モリエンテス

(スポーツ)
ふぇるなんどもりえんてす

Fernando Morientes
スペイン代表歴のある元サッカー選手

プロフィール

フルネーム : Fernando Morientes Sánchez (フェルナンド・モリエンテス・サンチェス) 
生年月日 : 1976年4月5日
出身地 : Cáceres, Provincia de Cáceres, Extremadura (カセレスカセレス県エストレマドゥーラ自治州
身長・体重 : 186cm・78kg
ポジション : センターフォワード

所属クラブ

1993〜95 : アルバセテ・バロンピエ
1995〜97 : レアル・サラゴサ
1997〜05 : レアル・マドリーCF

2005〜06 : リヴァプールFC (イングランド)  ※2005年1月13日に移籍
2006〜09 : バレンシアCF
2009〜10 : オリンピック・マルセイユ (フランス)

プレースタイル、経歴など

スペイン代表デビューは、1998年3月のスウェーデン戦。国際大会出場は1998年と2002年のFIFAワールドカップとEURO2004。ヘディングに強く両足から正確なシュートが狙えるうえアシストの能力も高い。
2003年、ロナウド加入のあおりを受けて出番が減ってしまったため、レアル・マドリーCFからフランスリーグアンのASモナコFCへレンタル移籍。UEFAチャンピオンズリーグで古巣レアル・マドリーCFと対戦し、2試合で2ゴールを決めレアル・マドリーCFを準々決勝で敗退させた。
これではいけないとレアル・マドリーCF首脳陣も考えたのか、2004年夏に復帰。しかしマイケル・オーウェンの加入と、複数選手による競争を公言していたホセ・アントニオ・カマーチョ監督の辞任により、ラウール・ゴンサレスロナウドマイケル・オーウェンの次という扱いを受けたためベンチを温める日々が続いた。
そのため本人は移籍を志願し、2005年1月にリヴァプールFCへ移籍金630万ポンドで移籍した。しかしリヴァプールFCでは、イングランドプレミアリーグになかなか慣れなかったのか期待されたほどの活躍もできず(61試合出場・12ゴール)、EURO2000に引き続き2006年ドイツワールドカップもスペイン代表から外されるという屈辱を味わってしまう。
そして2005-06シーズン終了後、母国スペインの強豪クラブであるバレンシアCFへ移籍。2006-07シーズンはけがになかされた部分もあったが出場機会も多かった。しかし、翌2007-08シーズン以降は徐々に出場機会が少なくなり、2009年7月にフランスの強豪であるオリンピック・マルセイユへ移籍する。だがチームになじめず、わずか12試合出場し1得点で2009-10シーズンを終わる。
そして2010年8月、現役引退を発表。17年間のプロ選手生活にピリオドを打った。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ