フェルビナク

(サイエンス)
ふぇるびなく

抗炎症・鎮痛薬に含まれる成分の一つ。炎症・痛みの原因となるプロスタグランジンの生成を抑える働きがある。
肩こりや筋肉痛・関節痛治療用のテープ剤・貼り薬として用いられることが多い。
関連語:インドメタシン

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ