フェルマーの原理

(サイエンス)
ふぇるまーのげんり

幾何光学における基礎原理のひとつ。光は光学的距離が最短になる経路、すなわち進むのにかかる時間が最小になる経路を通る、という原理。この原理からスネルの法則などの幾何光学の法則が導かれる。1661年にフェルマーが発見したため、この名がある。変分原理のひとつ。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ