フォトニック結晶

(サイエンス)
ふぉとにっくけっしょう

屈折率が周期的に変化するナノ構造体。その中を伝わる光を制御できるので、量子通信、光ファイバーの代用、記録再生素子、計測システム、通信デバイスなどへの応用が期待され、研究が盛んに行なわれている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ