フット・イン・ザ・ドア・テクニック

(サイエンス)
ふっといんざどあてくにっく

フット・イン・ザ・ドア・テクニックとは、人間心理を利用した説得技法の一つ。

交渉する時に、本命の要求を通すために、まず簡単な要求をして受け入れてもらい、段階的に要求レベルを上げる手法。
普通に依頼すると断られてしまうことでも、フット・イン・ザ・ドア・テクニックの手法を使用すると受け入れられる確率が高まるというもの。

具体例(Foot In The Door Technique)

とある商品を販売する際に、「話を聞くだけでいいから」「見て頂くだけでいいから」といった簡単な要求をはじめに行い、徐々に「購入」へとつなげる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ