フライ・オットー

フライ・オットー

(アート)
ふらいおっとー

(Frei Paul Otto、1925年5月31日 - 2015年3月9日)
ドイツの建築家、構造家。ケーブルネット構造や膜構造を使った空間が評価されている。特に博覧会のパヴィリオン建築や競技場建築など、その用途上大空間を必要とする建築物において、彼の得意とする膜構造の吊屋根のメリットが生かされている。自然科学から着想を得た、物理的にも意匠的にも軽やかな構造を得意とし、曲面の設計の際にはシャボン玉などを用いた実験を行うこともある。

新着ブログ: フライ・オットー