フリック入力

(コンピュータ)
ふりっくにゅうりょく

スマートフォンに搭載されている入力機能。「flick」(英語)は、「弾く」の意。

ディスプレイを指で払うような動作で行う文字入力形式のこと。タッチスクリーン製品の独自機能。
2008年のiPhone 3G(Apple)搭載以降に広まった。

トグル入力(日本語)の場合、「お」を表示したければ、「あ」のボタンを5回連打しなければならないが、フリック入力を使用すれば、「あ」のボタンを下方向へ払うような動作だけで入力が可能になる。大幅に入力の手間を短縮することができるが、慣れるまでに多少の時間を要すると言われている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ