フリードリヒ・ヴィルヘルム

(社会)
ふりーどりひう゛ぃるへるむ

Friedrich Wilhelm
1620年2月16日〜1688年5月9日
ドイツのブランデンブルク選帝侯及びプロイセン公。20歳でブランデンブルク選帝侯に即位。その後、プロイセン公国をポーランド支配から解放し、フェールベリンの戦いなどに勝利して領内からスウェーデン勢力を駆逐したため大選帝侯と称された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ