フルタイド

(サイエンス)
ふるたいど

吸入ステロイド剤。

吸入剤の適応は気管支喘息である。気管支喘息はアレルギー性の気管支炎で、気管支筋のけいれん性収縮から喘息の発作を繰り返す病気。抗アレルギー、抗炎症作用の強いステロイド剤が最も効果的であることはよく知られているが、内服では量が多すぎ、繰り返し長期間使うことによって重い副作用が出るため危険視されていた。しかし吸入剤によって、少量を吸収させることで安全でかつ極めて効果的なことがわかり、今では喘息の予防薬にすすめられている。しかし、喘息発作が持続したり、感染症を合併しているような症例は、それだけではコントロールできない。従来の気管支拡張剤や抗感染剤の併用を必要とする。また点鼻薬では、抗アレルギー作用により、花粉症の鼻の過敏症による炎症、浮腫(むくみ)、充血、腫脹、閉塞、分泌過多などの症状を軽くする。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ