フレイザー

(読書)
ふれいざー

ジェイムズ・ジョージ・フレイザー*1卿【Sir James George Frazer】
(1854年1月1日-1941年5月7日)

イギリス、スコットランド、グラスゴー出身。文化社会人類民族学者。リヴァプール大学教授。
呪術を類感呪術、感染呪術の2原理に分類、伝承とはいかなるものであるか、宗教と呪術の関係・区別を論じ、各国に伝わる伝承や宗教を呪術的観念などから比較研究し、それらの解明・研究に力を注いだ。
しかし1920年代以降フィールドワークが主流となった現代の人類学において、フレイザーは「安楽椅子の人類学者」と蔑称され、現在その影響力は皆無とされる。


著書『金枝篇』『トーテミズムと外婚制』など。

*1:フレーザーとも表記。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ