ブライト・ノア

ブライト・ノア

(アニメ)
ぶらいとのあ

アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズの主要登場人物。ブライト。ブライト艦長。
地球連邦軍の士官学校を卒業したばかりで新造戦艦「ホワイトベース」に配属され、上官が全滅したため艦の指揮を執ることになる青年将校。艦を任された時にはまだ19才であった。
正義感が強く、素人揃いのクルーに疎まれるが、終戦直前に撃沈されるまで艦を護り、トップエースのアムロ・レイを育んだ。(『機動戦士ガンダム』)
「1年戦争」後はホワイトベースの操舵手を努めたミライ・ヤシマと結婚、二児(ハサウェイ、チェーミン)に恵まれる。
地球−サイド7(グリーンノア・バンチ)間のシャトル「テンプテーション」のキャプテンを務めていた時期に、連邦軍の内戦(「グリプス戦役」)に巻き込まれ、反地球連邦運動「エゥーゴ」に身を投じる。エゥーゴに参加後、大佐に昇進。
エゥーゴでは巡洋艦「アーガマ」の艦長としてグリプス戦役(『機動戦士Zガンダム』)とそれに続く「ネオジオン」との戦闘を指揮し、アーガマを地球上の抵抗組織「カラバ」に引き渡した後は、地球連邦とエゥーゴの関係修復に奔走する。
ネオジオンが内紛を起こすと、地球連邦軍の艦隊を指揮して残党の掃討にあたり、地球圏の混乱を終結させる。(『機動戦士ガンダムZZ』)
その後、連邦宇宙軍の特務部隊「ロンドベル」の一員として戦艦「ラー・カイラム」を指揮し、すべてのコロニーを回ってスペースノイドの反乱の芽を潰して歩くが、「シャアの反乱」を未然に防ぐことはできず、小惑星「5thルナ」の地球落下阻止に失敗、地球連邦はその首府「ラサ」を失う。
しかし続いてシャアが小惑星「アクシズ」の地球への落下を謀った際には、アムロ・レイ、息子ハサウェイ・ノアらと共に身を挺してこれを阻止し、地球寒冷化の悪夢を阻止する。(『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』)
その後も一貫して連邦軍の現場で働いたが、息子ハサウェイがテロ組織に走るなど、軍人としても家庭人としても不遇な後半生であったようだ。(『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』)
女性に気が多かったことでも知られている。


声優を務めた鈴置洋孝氏は2006年8月に逝去。

機動戦士ガンダムUC以降は成田剣氏がブライト役を声優担当している。

ネットの話題: ブライト・ノア

人気

新着

新着ブログ: ブライト・ノア