ブラバム

(スポーツ)
ぶらばむ

BRABHAM

レーシングチーム。
ジャック・ブラバムロン・トーラナックによって設立。
1970年代には、バーニー・エクレストンがチームを買収し、その後はカルロス・ロイテマン(1973-1976)、ニキ・ラウダ(1978-1979)、ネルソン・ピケ(1978-1985)といったトップドライバーを擁して黄金時代を迎えた。
しかしエクレストンがチームを手放すと急速に弱体化が進み、1988年は活動を休止。1989年にはブランドルモデナのコンビで復活を果たすものの、慢性的な資金不足に悩まされ、最後は日本人オーナーのもとで約30年の歴史に終止符が打たれた。
1962年のドイツGPでデビューし、1992年にチームが消滅するまでの間、2度のコンストラクターズタイトル(1966年、1967年)*1を獲得。1981年、1983年は同チームでネルソン・ピケがワールドチャンピオンを獲得した。


リスト::F1

*1:1966年はジャック・ブラバム、1967年はデニス・ハルムによって、それぞれダブルタイトルを獲得している。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ