ブルーコンコルド

(スポーツ)
ぶるーこんこるど

(父)ブルーコンコルド

生年月日 2000年4月11日生まれ・牡・鹿毛
生産者 川上悦夫(北海道新冠)
フサイチコンコルド
エビスファミリー
母の父 ブライアンズタイム
馬主 (株)荻伏レーシング・クラブ
(株)ブルーマネジメント
管理調教師 服部利之(栗東)
競走成績 50戦15勝(うち地方19戦8勝)2008年12月現在
主な勝ち鞍 京王杯2歳S プロキオンS シリウスS JBCスプリント 黒船賞
南部杯*1 JBCマイル 東京大賞典 かしわ記念
(2着・かしわ記念 フェブラリーS
受賞 2006年NARグランプリ特別表彰馬



ブルーコンコルドは栗東トレーニングセンター服部利之厩舎に所属していた競走馬。南部杯3連覇など交流GIを7勝、重賞11勝を挙げ交流重賞にて一時代を築いた。

2002年・2003年・2004年(2歳・3歳・4歳シーズン)

2002年7月にデビューし2戦目に初勝利。11月の京王杯2歳Sで重賞初制覇した。2003年は皐月賞13着など二桁着順が続き、11月に初ダートとなる霜月Sでレコード勝ち。以降は引退までダートのレースを使われた。2004年は勝ちきれないレースか続き、暮れのギャラクシーSでようやく勝ち鞍を上乗せした。なお、このレース以降全てのレースで幸英明騎手が手綱を取った。

2005年・2006年・2007年・2008年・2009年(5歳・6歳・7歳・8歳・9歳シーズン)

2005年シーズンは休養明け2着を叩いて重賞3連勝を含む4連勝でJBCスプリントに優勝、GI初制覇を飾った。2006年も南部杯、JBCマイル、東京大賞典を制するなど交流重賞に強さを見せた。2007年はかしわ記念に続き南部杯を連覇、2008年シーズンも南部杯を制しこの競走を三連覇。GI級競走7勝は当時の最多記録タイ。2009年も現役を続行したものの南部杯は5着に敗れ四連覇は成らなかった。JBCクラシックも8着に敗れると2009年11月7日付で競走馬登録を抹消し現役を引退することになった。今後は北海道新冠郡新冠町のハントバレートレーニングファームにて乗馬となる予定。

ブルーコンコルドの血統



フサイチコンコルド Caerleon Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
Foreseer Round Table
Regal Gleam
バレークイーン
*Ballet Queen
Sadler’s Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Sun Princess *English Prince
Sunny Valley
エビスファミリー ブライアンズタイム
*Brian’s Time
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Kelley’s Day Graustark
Golden Trail
エビスベローチェ *Venture Relic
Rose o’Lynn
ヤマユリ *Never Beat
エベレスト


リスト::競走馬

*1:06〜08の3連覇

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ