プトレマイオス1世

プトレマイオス1世

(一般)
ぷとれまいおすいっせい

天文学者でないほうのプトレマイオス。プトレマイオス朝エジプトの高祖。
アレクサンドロス大王の学友にしてディアドコイの一人。

マケドニアの軍人、ラゴス(Λαγός Lagus)の子として生まれる。
大王に仕えて側近となり、東方遠征に当たっては部将の一人として従軍。
大王の死後はエジプトを支配して王朝を開いた。歴代エジプトの統治機構と風習を受け継ぐとともに、王権の強化を図り、強大な王権を確立。ギリシャ的な文化振興にも力を入れ、大図書館を建造するなどした。また、大王の遺骸を奪って葬儀を行うなどのパフォーマンスも行っている。

後継者戦争に当たっては、ほぼ一貫してエジプトでの自立を追求し、これを達成している。ために、ディアドコイの中では数少ない、「畳の上で」死んだ人となった。

新着ブログ: プトレマイオス1世