プリズム

(一般)
ぷりずむ

1・光学部品の一つ。入射光を屈折・反射・拡散するといった働きをする。
ガラス製の多角形の形をしている。三稜鏡。


2・→ペンタプリズム
一眼レフカメラの部品の一つ。
レンズから入ってきた像を正立正像としてファインダーに導く働きをする。
五角形の形をしているのでペンタプリズムの呼び名があるのだが、プリズムと略されることが多い。
関連語 リスト::写真用語


3・(定義1から派生して)周囲の様子に応じて様々な様相を見せるもののイメージとして与えられる言葉。

プリズム

(読書)
ぷりずむ

貫井徳郎の推理小説。
視点の切り替わって行く構成が見事。

(書影は文庫版のもの)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ