ヘイスティングス

(読書)
へいすてぃんぐす

アメリカのミステリ作家、パーネル・ホールの小説シリーズ。
または、その主人公、スタンリー・ヘイスティングスの事。

ストーリー

冴えない中年私立探偵である主人公の仕事は、弁護士事務所からの依頼で“救急車の追っかけ”をする事。すなわち、事故専門の調査員。だがそんな彼にも時折、探偵らしい仕事がやってくる。ところがそういう仕事は必ず、厄介事と死体を呼び込んで……?
冴えないなりに頑張る控えめ探偵の活躍を描く、ユーモア調ミステリ。

邦訳既刊

『探偵になりたい』
『犯人にされたくない』
『お人好しでもいい』
『絞殺魔に会いたい』
『依頼人がほしい』
『陪審員はつらい』
『撃たれると痛い』
『俳優は楽じゃない』
『脅迫なんか恐くない』
『脚本家はしんどい』
『裁判はわからない』
『罠から逃げたい』
『サスペンスは嫌い』

ヘイスティングス

(読書)
へいすてぃんぐす

アーサー・ヘイスティングス大尉。ヘイスティングズ
アガサ・クリスティの小説に登場するキャラクター。
“灰色の脳細胞”を持つ名探偵エルキュール・ポアロ(ポワロ)の友人で、助手兼相棒。シャーロック・ホームズにおけるワトソン博士の役割であり、時に語り手を務める。
お人好しで美人に弱いが、正義感と行動力に溢れた好人物。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ