ヘカトンケイル

(マンガ)
へかとんけいる

士郎正宗のアップルシード世界におけるキーワードの一つ。
無限に端末を増やせるコンピュータの規格ないしフォーマット。空母もヘカトンケイルシステム一つで動かせるらしい。主人公のパートナー、サイボーグのブリアレオスが搭載していた。
百腕巨人にならい「百の腕を持つ」システムと言うことから名づけられた模様。

ちなみにマイクロソフトの公称によればUSBは128個までタコ足ができる規格らしい。信じてる人はいないよね?

ヘカトンケイル

(読書)
へかとんけいる

hekatoncheir
ギリシア神話に登場する3人の巨人。
大地の女神ガイアと、天空神ウラノスの間に生まれた、100の腕と50の頭を持つ巨人族。ティターン族、キュクロプス族に次いで誕生した、コットス(Kottos)、ギュゲス(Gyges)*1ブリアレオス(Briareos)の3人をさす。
ウラノスにその外見を厭われて地下のタルタロスに閉じ込められる。
その後ウラノスはティターンの一人クロノスに倒される。そのクロノスの子供がゼウスらオリュンポス神であり、父クロノスに戦いを挑む。
その際にヘカトンケイルはゼウスによって解放され、共にティターンを倒す。ティターンはタルタロスに幽閉され、コットスとギュゲスはその獄門の門番をすることになる。

*1:あるいはギュエスGyes

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ